ボッカチョフさんが参加中の「手づくり本フェア」へ
糠さんとボッカチョフさんと3人で行ってきました。
初台の閑静な住宅街の中にある、静かでおしゃれな
ギャラリーでした。
http://www.mo-to-ya.com/
かなりくつろいでエヴァの話とか美・STORYの話とか
してしまいましたが、展示作品はどれも見ごたえがあって
元々置いてある本もいちいち面白そうでした。

今回のこの展示はオーナーの本屋(モトヤ)さんが
ご自分でいいなと思った作家に声をかけたのだそうです。
リトルプレスも今山ほどあるけれど、ただ可愛いもの、よくできてる
ものを集めたんじゃないんだなって感じがしました。
他の手づくり本関係より引っかかるものが多かったと思います。
ボッカチョフさんが私のパラパラを持参してくださったおかげで
私も来年参加させていただけそうです。
リトルプレス好きの方はお散歩がてらぜひ。27日まで。


糠さんはネイル用品を買いに、ボッカチョフさんはあぶら取り紙を
買いに、私は髪を切りに、各々解散しました。
それで、美容院へ行く途中アンブロのワールドカップの広告を
見たんですけど、等身大の各国代表の美しすぎる彼女たち。
あまりのたまんなさに、二度見三度見しちゃったんですけど
これはどんな広告よりもサッカー選手の凄さが伝わるんじゃないでしょうか。















関係ないけど、ニッセ○で「おまかせブラ&ショーツ福袋」を
頼んだら、赤いタータンチェックに黒のレースというAKBみたいなデザインが…。
一例の写真にはどこにも写ってなかったのに。
藤本沙羅chanの呪いかな。
家にある料理の本がどれもクソみたいに見えてきて
全然モチベーション上がんなくなってきたので、
新しい本を買うことにしました。
・栗原はるみ (おしゃれ・リアルシンプル・おかん)
・有元葉子(セレブ系・道具駆使・意外に簡単)
・枝元なほみ(ほっこり・熟女系・マニアウケ)
・ケンタロウ(ガッツリ・男ウケ・簡単)
この4人の候補で迷いに迷って、結局栗原のお弁当本と、
レシピ総集編みたいなのを…
なぜ2冊とも栗原にしてしまったのか、いや、でも統一した方がいい気がして。
なんだろうね、たかが栗原さんちのおばはんなのに。


あと、AKB。
一人も覚えないパンクを誓ったのに、ついに覚えてしまいました。
AKB総選挙で104位にランクインした藤本沙羅chan。
そもそもAKBの一覧表見てても、保田圭レベルしかいないし
なんじゃこら、やっぱりハロプロって凄かったんじゃないかとか
思ってたんですよ。
でも不思議。たくさんの保田圭レベルを見ていると、だんだん
それぞれが可愛く見えてきたりするんですよ。

私の好きなエピソード(たぶんソースは「あたしンち」)に、
新学期のクラス替えの後中学生男子が「今度のクラスブスばっかでよー」とか
廊下で毒づいていたのに、夏くらいになると「あの子も可愛い、この子も可愛い」って
言い始めるっていう。
ええ話ですよね。
つまり、そんな女の子の可能性を示唆しているのがすなわちAKBなのかもしれない。
そう思うと、104位の藤本沙羅chanだって可愛く見えてきた。

ごめんね・・・


完全なるにわかです。

Wカップ開幕戦を友達夫婦にスカイプで解説をしてもらいながら見たら
なかなかに面白く、楽しめたので、調子にのってサッカー見ています。
南アフリカのコーンロウの選手がかっこいい。
ピエナールとかいう人。
この人だけは根アカそうな南アフリカ代表の中で目に暗さがあっていい。
南アフリカは応援団の軽薄さと、点を決めたときの選手の踊りがいいね。
せーの!って感じで。

深夜も仕方なく特別番組とか見ます。
本田っていう騒がれている人もはじめて知りました。堤真一に似てる。
めちゃめちゃカッコつけてて、両腕に金時計してるんだとか。
関西丸出しファッションをオランダやロシアに輸出☆
ブログの一言メッセージもブブゼラ吹きたくなっちゃう♪


自分を信じることができなければ何も成し遂げれない。

キター!堂々のら抜き言葉。
海外のチームで頭じゃなく体でコミュニケーションしてきた彼だから
そんなどうでもいいこと気にしない。

昨日のハマカーン、じゃなかったカメルーン戦の後の一言。
「一勝で満足できるわけがない。」
デター!夜も必ず2点以上入れるんでしょうね(下ネタです)。


ここまでの情報、なんか間違ってませんか?だいじょうぶですか?

それにしたって、解説で出てくるゴン中山とか宮本とか見てると、
10年近く時が経ったんだなぁと実感します。
つくばの竹園のサッカーバーで、アパートの近くのブリティッシュパブで、
彼らが現役のときの試合見てたんだもの、わけもわからず。
そのときのメンバーたちが、ほとんど結婚してるんだそうです。
あれ、なんだろう、目からしょっぱい汗が…。


写真は全然関係ないけど今朝ブックファースト前に
あった「告白」の山積みです。


今日はすげかったお!

午前中に、形状不明と待ち合わせて平塚市美術館まで。
午前中に、何度も言いますが午前中です。
遠い!バスが延々DINK(ド田舎)をのろのろ走って
やっぱり2時間かかった…
あたしたちをこんなところまで連れてくるなんて
りん二郎、恐ろしい子!

最終日の今日はとにかく人多すぎ。
平塚市も想定外の人気爆発だったそうで、図録も
ポストカードも完売というダメっぷり。
まあ仕方ない。流行りそうな気配がある。
りん二郎、概ねよかったです。やっぱりぐっと来るものがある。
でも「画家」って感じではないんだね、範囲はすごく狭いねって
形状不明と話していました。
ぶらり途中下車の旅とかで出てくる、木工とか凧とか
異常に極めちゃった人、みたいな感じがします。
それゆえに異様な魅力もあるのですが。ルソー系?
静物画は言わずもがな、ですが私はただひたすら森の緑を
変な構図で描いた風景画が好きでした。ポストカードはありません。

あと、見てはいけないものを見てしまったのですが、
りん二郎の児童小説のカットで、色鉛筆で描いて
紙に切り貼りしたようなものも展示してあったんですが、
もろD-Bros…渡邉良重…。
しかも案外安易にコアをパクってる疑惑です。
これは由々しきことですよ。りん二郎が急に流行っちゃって、
やべって思ってたりしてね。
しかも、一人がマニアックな画家をパクって世に出すのは
まだいいんですけど、そのうちそれをさらにパクる
パクりの二番出汁が出てくるからね。世の中にあふれる
90%ORANGEみたいに。そうするともうなにがなんだか…


まあでも遠足気分でまたバスと電車を乗り継いで町田へ。
たくとくんらと4人でカラオケに興じました。
アニソン+アーバン歌謡がメイン。
というかこの二つは関係性があって、昔のアニメの主題歌って
なぜかそういう内容じゃないのにアーバン歌謡だったことが多いんです。
YAWARA!とか。ブラックジャックとか。

たくとくんと話してたのですが、アーバン歌謡をもっと1ジャンルとして
確立した方がいい。

アーバン歌謡を形成しているワード
・アスファルト
・ビル
・摩天楼
・トワイライト
・カクテル
・バー
・ワープロ
・ルージュ
・踵(ハイヒール)
・シンデレラ
・星
・悪女(わる)

などなど。音としてはたくとくんがいろいろ楽器の種類や
アレンジなどについて語っていました。
私は変な効果音が挙げられるんじゃないかと思います。
「チャカポコ」とか。「コケッ」とか。 
4月に開催した会社の若手社員同士の飲み会。
そのときのメンバーの後輩男子らが、社内で私を見るにつけ
ニヤニヤしては、「飲み行きましょうよ!慰めますから!」とか
思いつめたように「飲み行きませんか…赤外線してください!」とか
言ってくるのでモテキ来ちゃったのかコレと思ってたら
「あのときの○○ちゃんとか○○ちゃん呼んでください」とな。
結局そっちかーーーーい。
またポータルか・・・。別にいいけど。


今日は帰りにアヴェダへ。
お友達の誕生日プレゼントにヘアブラシを買いました。
サロンでも使っているブラシで頭皮と髪にいいらしいです。
(私は持っていません)
新しいくせ毛ラインが出てて、くせ毛ゆえ梅雨が憂鬱な私は惹かれます。
なんか怒ってるけどかっこいい写真ですね。





アヴェダでは自分のもの買ったことがないんですが、
その都度あれやこれやサンプルいっぱいくれるし
ハーブティー出してくれるし、誕生日にはちょっとしたプレゼント
くれたり、とてもええ店、アヴェダ。
今回は洗い流さないトリートメントと、ワックスを2種類くれました。
気絶しそうなほどいい香り!
値段もボディショッ○と変わらないくらいだし、
私がバリキャリだったらシャンプーはアヴェダで揃えたいなぁ。
今日はボッカチョフさんとそのお友達、2007年の 表参道の展示でご一緒した方が来てくださいました。 4人で物豆奇へ移動して談笑。 たのしかったです。

一日中西荻にいたんですけど、現在ニヒル牛1の方で すげえ展示をやっています。
 ニヒル牛の空間プロデュースをされている“くす美”さんによる 年に一度の大博覧会です。
 二ヶ月かけて毎日、『手紙』のカタチをとった作品を ギャラリーに送り続けるというコンセプト。
基盤で作った団地模型、水晶のマッチ、水切りネットの ベビィドール…
全て拾ったものなどで作った他愛もない小さな『手紙』なのですが まぁーーーーーいいよ。
彼女は真のアーティストなんですね。 普段は水道メーターの検針員をやっています。
 あぁ、天才。弱く儚い天才が展示してあります。 ぜひご覧になってください。
会期中『手紙』は増えていくそうです。




私は今日は珍しくニヒル牛でお買い物。 これまたステキな陶芸作家の北原裕子さんの作品が
激安だったので大人買いしてみました。 手とガイコツの置物と、水色の燭台と、カメオのストラップ。
可愛いでしょ?? さっそく我が家のコレクションに。 これ全部陶器で、500円前後です。ウソみたい。




ニヒル牛は改めて、レベルの高い店だなぁと思います。
ゴミみたいな輝きを放つ物ばかり。 こういうレンタルボックスで手作り雑貨を扱う店は
 増えていますけれど、違いは歴然です。
私は全然及ばないけれど、5年か6年前、厚かましくも この店に飛び込んで営業かけて、
よかったなぁと思います。 弱くて儚くて、キラキラ輝く店です。

高田純Gが好きです、桑田K祐はもっと好きです、TAMAXです。
個展オツカレサマあたし☆のご褒美に、HARNNの石鹸(650円)を 買いに青山まで。
ショップはベルコモンズの向かいあたりにあります。店内にはなぜかゲイカップルが多かった。
 HARNNはタイ米を使った形からしてタイ米みたいな石鹸です。
なにしろ香りがイカす。ローズヒップを選びました。
HARNNは高級感があるのに低価格なナチュラルコスメで プレゼントなどにとてもいいと思います。
 
 


かねてからたまに下水のオイニーが漂ってきて悩みの種で、
でもすごいお金かかるのかな…と思ってたんですが ついに大家に電話。
クラシアンを大家負担で呼んでくれることになりました。
 明日クラシアンのおじさんが来る。と思ったらニオイが消えてやんの。
クラシアンのおじさんが来るまでに臭くなってくれないと 直してもらえない…

今の家はとても気に入ってるんですが、結婚しないことに なったしバリバリ出世するわけでもないし、
30になっても 40になってもこんな学生みたいなアパート暮らしなのかなぁと
思うとちょっとつまらないです、ぶっちゃけ。 夏になったら営業かけるなり、
なんかしら向上していかないといかんなぁ。
森末シンジはクラシアンの制服を着てないと誰だかわからないね。
 
改めましてインターネッツが恐ろしい。
数年前と明らかに違うのは、ツイッターの勢力がすごいということ。
うご☆メキ展のことも知らない人がつぶやいてくれていたりして有り難いような
おまえ誰やねーんというような。
ツイキャス?っていうので展示の様子を動画でアップしてくれている方もいました。
ちょっと解釈間違ってるとこもありますが概ね理解してくれています。
http://twitcasting.tv/choresisters/movie/188269
コレを見たらもう来なくてもだいじょうぶ。


話は変わりますが私は人に影響されやすく、制作面でも尊敬するアーティストは
崇拝しちゃうし目標にしちゃうしパクりにならないよう模倣しちゃうんです。
日常でもオシャレな友達の持ち物とか異常にほしくなる。
最近仲良くなった映像作家のみずしりさんも4つも年下なのにマジイカしてるので
エヴァンゲリオンを見出したのもみずしりさんの真似。
みずしりさんが同じ靴を履きつづけるっていうから私も最近同じ靴履きつづけて、
みずしりさんの持ってる草間彌生のランコムのポーチはもう手に入らないけど
みずしりさんのしてる黒ぶちの超でかいトム・フォードの眼鏡を私もかけたい。
高いけど。30になった記念に作ろうかな。
私が30になって今更トム・フォードの眼鏡かけだしたら笑ってください。

長年ジオシティーズwでタグを打ってw日記を書いていましたが、
どれを機にかわかりませんがこれを機にブ・ロ・グをはじめてみたいと思います。
コメントとかつけてくれたっていいんだぜ?
ヨロヨロシクシク。