ぱらぱらマンガ喫茶展がまたやって、くーるー!
今度の場所はオサレな麻布のアトリエです。



レトロな会場の雰囲気に合わせて、今回のテーマは
「わすれもの」です。
なかなか難解なテーマ・・・
わたしはこちらの一作品を出します。


いつもながらテーマをつきつめて禅問答に突入してしまい、
「わすれもの」とはなんぞやと考えあぐねた結果
「ものをわすれている」のではなく、「ものにわすれられている」
のかもしれないという境地になりました。

今回のメンバーは20名といつもより少ないのですが、
あの、売れっ子パラパラブックスのもうひとつの研究所さんや
大物アニメーターの西村貴世さん、そしてわれらがあしたのんきさんなど
ビッグネームが名を連ねています。
かなり完成度の高い作品が集まるのではないかと思われます。

みんな、来てくれよな!
 
6回目となる手づくり本フェアに出展いたします。

手づくり本フェア vol.6
http://motoyabcg.blog97.fc2.com/
2014 / 6 / 4 wed. ~ 6 / 29 sun.  ※月曜・火曜 お休み 
13:00〜20:00 最終日は17時まで 6/14(土)15(日)は17時から
入場は閉館の30分前まで

■ 参加者 ■

※Cafeでの展示になりますので、ドリンクのオーダーをお願いします。

今回私は一作品のみの出品となりました。
その分サイズをでかくしてごまかしました。
 
『長い夜』



妙齢女性の悩ましい夜を表現しました。

私の他にもあしたのんきさんやmelacottaさんなど
パラパラ漫画の人がいます。
そのほか、刺繍や豆本、写真など様々な分野の
ハイクオリティーな作品が集まるはずです。

みんな、来てくれよな!

 

今度から西荻窪ニヒル牛のメンバーが更新している
ニヒル牛マガジンで、週一の記事を担当させていただくことになりました。
担当曜日は毎週水曜、今までこちらのブログで書いていたような
映画感想文を書きます。
tamaxのマズい映画でも無いよりはマシ
タイトルはデヴィット・リンチの言葉からいただきました。


マズいコーヒーでもないよりはマシ
無類のコーヒー好きのリンチは自ら有機栽培のコーヒーを
作って売ってるくらいらしいですが、マズくて高いので
全然売れないんだそうです。
でもないよりはマシなんでしょうね。



それにしてもクーパー捜査官て唐沢寿明に似てますね。

そんなこんなでよろしくお願いします。
 
3/19からMOTOYA Book Cafe Galleryにて
Book Lovers』という展示がはじまります。

2014 / 3 / 19 wed. ~ 4 / 6 sun.  ※月曜・火曜 お休み 
13:00〜20:00 最終日は17時まで 入場は閉館の30分前まで

本好きの人が、本好きの人のために作るブックイベント。
「本」をテーマに、さまざまなジャンルの人たちが、それぞれの表現で作った「本」たち。

■ 出展者 ■

(50音順敬称略)
※Cafeでの展示になりますので、ドリンクのオーダーをお願いします。

はじめての参加になります。
私はいつものようにパラパラ漫画で。

“HOBBY BOX” tamax


中には3つのホビーが入っています。

「READING(読書)」、「DRAWING(絵)」、「SPORTS(スポーツ)」
という代表的なホビーをテーマにしたフリップブック。

こんな感じなので、他にも「本」という枠に収まらないユニークな
本作品が集まるのではと思っています。

よろしくね!

続きまして直近の展示のお知らせです。

長年お世話になっている西荻窪のニヒル牛2さまで
2/28から『秘宝館展』がはじまります。
会期は2週間でしょうか。
タイトルからもわかりますように、様々な作家さんの
18禁作品が集まります。
何年か前にも参加させていただいて、いい意味でえげつない
展示でした。
そのときに私が出した『魔笛』というパラパラは
店主のあるさんに「生ぬるい!」と一蹴されたので
今回はがんばりました。

tamax 『It's a Boy!』/『It's a Girl!』




 内容はお察しください。
海外でよくあるベイビーギフトと間違えてご購入されないよう
お気をつけください。
番組の途中ですが、おしごとのお知らせです。

2/15発売の文芸誌『MONKEY vol.2』の中で、短編小説の
挿パラパラを描きました。

翻訳家の柴田元幸氏責任編集というこの雑誌の前身は『モンキービジネス』。
ビジネスが取れて仕事抜きになって、柴田さんが今もっとも読みたい
国内外の作品をセレクトしているそうです。
今回は「猿の一ダース」というテーマで、11篇の作品に11人の
作家が架空の装丁をするという設定。
最初11篇と聞いたとき「あれ、12個だからダースなんじゃないのかな??」と
思いましたが外国には「○○の一ダース」という表現があって、例えば
「パン屋の一ダース」というと13なんだそうです。それはパン屋さんが
1ダース買ったらもう一個おまけ!みたいなことをしていたから。
あと「魔女の一ダース」というとやはり13で、ロシア語通訳者で作家の
米原万里さんは『魔女の一ダース』という13の短編集を出しています。
今回は猿だから11個。
その中身は村上春樹や川上未映子などの他、よく知らない外国の作家が
多いです。
それにしても装丁をされた他の作家さんたちがどれも素晴らしくて
思わずググったりしてしまったので、こちらに紹介をさせていただきます。

・松岡亮(刺繍・コラージュ)
・フクシマミキ(アクセサリー)
・タダジュン(イラストレーション)
・橋目侑季(写真)
・森岡督行(ジャンルわからず)
・fancomi(イラスト)
・クラフト・エヴィング商會(装丁家)
・安井寿磨子(銅版画)
・金箔寺(金箔アート)
・イケダユーコ(イラスト)

クラフト・エヴィング商會以外ははじめて知った方ばかりです。
私が担当させてもらったのはアグネス・オーエンズという
女流作家の『機能不全家族』という短編です。
パラパラ漫画を挿絵にする方法として、うまく使っていただいたので
よろしければご覧下さい。
 4月に初台を席巻したぱらぱら漫画喫茶展が再びやってきます。
進路を東神奈川に変えて。


会場は私の大学時代からの友人が勤めるアトリエ「パンタグラフ」です。
そちらのメンバーである井上さん・最近絵本も出して絶好調の
ヨシタケシンスケさん・同級生の江口くん・同じ建物内で
同じ釜の飯もつついているアニメーションユニットOHRYS BIRD
(映画大好き)上田さんも出展されるという贅沢な展示になります。

パンタグラフは、ピコピコ活動もこなしながら「手仕事」に対する
こだわりは超一流だし、若いのにいまどき珍しいモノ作りの職人の集まりです。
そんな彼らがどんなパラパラを作るのか。。。
恐ろしや。
OHRYSの上田さんは個性的なアニメーションを作るし、映画狂いでも
お馴染みなので、今回のテーマはぴったり。

私はお恥ずかしながら前回のパラパラ座をそのままに、というか
縮小して『転校生』と『シャイニング』のみの出展となります。
体裁も簡易になりまして、写真もブレてます。
許してくれよな!!



しかしまあ、なんというか。
私の大学の同級生やOBと、社会人になってから知り合った
パラパラ仲間とがこうして同じ企画で顔を揃えるなんて
しかもパラパラで。不思議でなりません。

◆会期:9月7日(土)〜15日(日) 月・火 休み
◆時間:13:00〜18:00
◆場所:パンタグラフ ( http://www.pangra.net/ )
入場無料

◆参加作家(50音順/作家名をクリックすると各HPにジャンプします):
相原郁美 あしたのんき あまれる 石川さやか
井上仁行 上田走 江口拓人 大高那由子 加賀貴巳子 
林淳子 黒木ユタカ 小林節子
佐藤美代 関野宏子 tamax
月山よしこ 土本亜祐美 西村貴世 はらたかし 
Pixel Animation 松永さち子 ミヤケ印 melacotta 
もうひとつの研究所 やたみほ ヨシタケシンスケ
レイザーラモンHGのデッサンが上手すぎです。

拡大してね。

元々うまかったけど、ちょっと予備校で習ったらこのとおりですよ。
立体を平面に写し取るという不可能なことに挑戦するのがデッサンの
醍醐味ですので、線ではなく面で表現せよと習いましたね。
静物デッサンでは、物を描くんじゃなく、物があるその空気を描けとか
言われましたよ。

レイザーラモンのデッサンには線がなく、ちゃんと立体感と光が
感じられるからすごいですね。学生プロレスもできてデッサンもできるとは。


話は変わりまして、またまた日記は追いついていませんが、告知に次ぐ告知です。


美大の予備校時代、講師が私を指して「ほら、見てごらん。こんな汚い
パレットからキレイな絵を描く人もいる」と言っていました。
今思えば絵もそんなにキレイなわけではなかったです。
そんな私が性懲りもなく、また個展をさせていただくことになりました。
いつも美味しいお食事と歓談の場を提供してくれている
高円寺 まんま みじんこ洞さんの屋根裏ギャラリーめばちこにおいて。




拡大してね。

◆日時:2013年6月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)      
各日 13:00〜19:00
※29日のみ18時まで
◆まんま みじんこ洞ギャラリー 
めばちこ

パラパラ漫画家tamaxの着想の断片を、デッサンするように
小さな絵画作品にしました。
注意:パラパラ漫画はございません。
※ご来店の際、1Fみじんこ洞にてオーダーを頂戴いたします。
※「めばちこ」は靴をぬいでご覧いただく屋根裏ギャラリーです。

とにかく会期中、といっても土日土日の4日間ですが、
ずーーーーっと一人で会場におりますので、話し相手に来てください。
絵はみなくてもいいです。

待ってるよ!!

 やはり日記は追いついていませんが、展示のお知らせです。

手づくり本フェア vol.5
MOTOYA Book Cafe Gallery
2013 / 6 / 5 wed. ~ 6 / 30 sun.
※月曜・火曜 お休み 
13:00〜20:00 最終日は17時まで
6/15(土)16(日)は17時から 入場は閉館の30分前まで

アーティスト、フォトグラファー、イラストレーター、デザイナー、ショップオーナーなどなど
30名のさまざまな職業の方たちが、自由につくった本を集めました。

あなたのお気に入りの一冊を見つけにいらして下さい。

■ 参加者 ■

※Cafeでの展示になりますので、ドリンクのオーダーをお願いします。


毎回浮世離れした手づくり本が集まる恒例の展示です。
媚びないギャラリー・MOTOYAで、媚びない手づくり本に出会ってみては
いかがでしょう。

私は今回2種類のパラパラ漫画を1セットにして出品します。
『GAME』

箱入りです。

赤バージョンの『GA』と


青バージョンの『ME』


それぞれゲームをテーマにしたお話となっています。
※バラ売りも可

ゲームって言うとモンハンとかドラクエとかスマホのアプリとか
そういったものをイメージするような時代ではありますが
ボードゲームやトランプゲーム、椅子取りゲームや連想ゲーム、
豊かなゲーム体験があるにも関わらず、ごぶさただなと。
結婚式二次会でもビンゴばっかりだなと。
そんなゲームへの追憶をパラパラ漫画にしました。

お楽しみに!

こくちです。

今回で5回目になる有志によるパラパラ漫画展覧会がまたやってきます。

ぱらぱらマンガ喫茶展 2013 『Eiga!』

◆日時:2013年3月11日(月)〜3月31日(日)
    13:00〜21:00 (火曜定休)

◆会場:シアターカフェ(名古屋 大須) 052-228-7145

◆参加作家(50音順):あしたのんき、加賀貴巳子、佐藤美代、関野宏子、tamax、月山よしこ、ばじぃ、林淳子、
はらたかし、PIXEL ANIMATION、melacotta、もうひとつの研究所、ミヤケ印、やたみほ、YUKIくりえいと

◆入場無料ですが、会場がカフェですので要1オーダーです。よろしくお願いいたします。

***

また、今回は会期中3/17(日)にワークショップも開催します!
講師は荒井知恵さん。本展主宰のあしたのんき さんです。
アニメーションのプロによるナビゲートで、小学生のお子さん〜大人の方まで気軽に楽しんで頂けるものをご用意してお待ちしています。
ほかのメンバーも数名参加予定です。

今回の会場、名古屋大須にあるシアターカフェという場所にちなんで「映画」をテーマにした
パラパラ漫画が集結いたします。
みんな大好き映画、パラパラ漫画の進化型である映画、いろんなアイデアが集まることと思います。


また、会期終了後は東京に戻ってきます。
■タイトル the Flip Book Cafe *
■会期 2013年4月9日(火)〜4月21日(日) 13時〜20時 月曜定休
■会場MOTOYA Book・Cafe・Gallery(初台)

都内の方はこちらの方へぜひ行かれて見てください。



そして、今回の私の出品作ですが前回の「パラパラ文庫」を受けて、今度は名作映画を
20秒のパラパラ漫画に省略する三部作にしました。
星の数ほどある映画作品の中から3つを選ぶのは大変なことですが、ツイッターでの
リクエストや個人的に好きな作品に絞りました。


『アメリ』(2001) 監督:ジャン=ピエール・ジュネ


『シャイニング』(1980) 監督:スタンリー・キューブリック


『転校生』(1982) 監督:大林宣彦


内容は見てのお楽しみ。
このためにというわけではないのですが、『転校生』をDVDで見てみたら
えらく感動しました。またその話は改めて。