子供が2歳半になりました。

毎日寝ない・食べない・言うこときかないの3ない運動を

元気に実施しています。

食べることについては一進一退。肉と米中心。

昔からよく寝てくれることだけはよかったんですが

19時に寝ていた頃が懐かしいほど就寝時間は延びに延び、

22時を過ぎても寝ないこともしばしば。

DV癖も直らず、叩く噛む引っ掻く首を絞める、あらゆる

技を仕掛けてきます。

保育書や保健士さんの言うとおり、暴力を振るったときは

しっかり目を見て、いつもと違うはっきりとした強い口調で

注意するというのをもう1年以上続けていますけど効果ゼロ。

それならアドラー流に落ち着いた穏やかな口調で諭してみましたが

こちらのアーカイックスマイルをバチバチ叩いてきますし、

取り合うからいけないのかと無視してみれば反応するまで

やり続けます。

もう最近は疲れてきて、2歳児と普通に取っ組み合いしています。

 

平日帰宅してからは寝ない・食べない・言うこときかない子と

対峙しなくてはならないハードな時間です。

家に帰るまでは、今日こそは心をおだやかに子供が寝るまで

相手してやろうと心に誓うんですが結局イライラ。

 

それに伴っておでこや手のひらなどカーッと痒くなる現象が

半年以上ずっとありこれはストレスだ!ストレスが原因にちがいない!と

ついに見えない力にもすがることにしました。

 

ホメオパシーっていうのでしょうか。イギリス発祥の「花のパワー」を

使って心身の様々な不調を調整するというものです。

花のパワー!ついに変なこと言いだしましたね。

私が使っているのはこちら。

手のひらに収まる小さい小瓶なのですが、中には薄茶色の液体が

入っていて、これが花のパワーを凝縮したものなのだそうです。

家に帰ってきたらこれを4滴ペロペロ。

すると心が落ち着いてストレスを緩和してくれるというのですが。

どうなんすかね。

もうひとつはこちら。

このクリームは5つの花のエキスと水やグリセリンで

できた白いクリーム。

不思議なことにこれをつけると引きずっていたおでこの

炎症などがすっと治ったのです。

水とグリセリンと花のパワーで!不思議ですねぇ。

このイギリスのバッチフラワーというシステムは科学的には

なんの根拠もないそうです。

でもクリームは確実に効果がありましたし、4滴ペロペロも

心のよりどころにはなるかもしれません。

こういったものはじめて使ってみましたが、悪くはないですね。

 

あとこちらは日本古来の飲み物で最近ヒットしている八海山の

麹でできた甘酒。

麹の甘酒はいろんなのが出ていますが私はこれが一番おいしいと思います。

キリンメッツプラスのレモンスカッシュで割ったり、豆乳で割ったり。

甘酒は飲む点滴とも言われているそうでその効果には

・美肌

・代謝促進

・便秘解消

・疲労回復

・安眠

・ストレスの軽減

 

ストレスの軽減!!

八海山のあまさけは職場で買っていますが人気商品なので手に入るまでは

飲み続けてみようかと思っています。

 

 

コメント
科学的な根拠も素敵ですが、使いようです。
甘酒については私も年季の入った甘酒ドリンカーで、いちばん好きなのは「若竹屋のあまざけ」です。
四滴ペロペロしてます。
プラシーボでもいいんです。
甘酒おいしいですね!
麹タイプは分離沈殿しちゃうのが
多いんですが、八海山のはそれが
ないとこが好きです。
若竹やのも試してみます。
  • by tamax
  • 2017/08/30 9:13 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL