先日、いつも行っている美容院で髪の毛をばっさりと

切ってしまいました。

 

前髪と後ろ髪を伸ばし続けてはや幾年。

髪の毛を全部後ろで束ねられるようになるのが目標でしたけど、

これがいつまで経ってもなっかなか全部の髪が結べるように

ならないんですよね。

じりじりと束ねられない前髪の本数は減ってはいくのですが

いつまでも数本が残っているのです。

そして、ワンレンというものにあまり今までしたことがなかったんで

はじめて知ったんですけど、前髪を伸ばしても産毛みたいな短い毛は

残っているので常に中島潔の描く女の子みたいにほわほわした後れ毛が

あって、これがすごい「お疲れ感」を醸し出すのです。

 

だったらもう結ぶことはあきらめてショートボブにしてしまって

前髪が邪魔なときはクリップなどで留めてしまえばええじゃないかと

いう気持ちになって、ちょうど今やっている『タラレバ娘』の

吉高由里子みたいなワンレンボブにしてもらいました。

観てないけど。

 

美容師さんの再現力は完璧だったんですが、なぜか鏡の中には

永野がいましたけどね。

 

 

それはさておき、そこの美容室ではこれまでロレッタやダヴィネスなど

髪用の商品をおすすめしてもらっていくつか購入して愛用していますが

(私の)白髪が増えたよねという話になり、今回教えてもらったのは

資生堂のアデノバイタル。

育毛を前面に押し出しているので、毛量だけは豊富な私には

関係ないかと思っていたのですが、白髪にも効くらしい。

髪が薄くなくても頭皮の血行を良くしたり、栄養を与えるのは

髪のためにはいいそうで白髪減少を目指して朝晩トニックを

もみこんでいます。

白髪減るかな。

 

というのも、以前職場の超女好き上司が言っていたことに

「女の子は白髪だけは気をつけたほうがいいよ〜。白髪だけは

ほっといちゃダメ」と。

男性は多少の目尻のシワとか体型のゆるみ、あるいはファッションや

言動よりも「白髪」に厳しいみたいなんですよね。

いくらほかのことに気を付けて若さを保っていても「白髪」が

あった日にゃあ「コイツは本当はおばさんだ!若い女に化けている

古狸だ!」と思ってしまうそうなんです。

白髪なんて若くても生えるし、染めればいいだけのもので、普段の

スキンケアやら体型のキープの方がよっぽど日々の努力の上に

成り立っているというのに。

まあ私はそこまで全然努力してないんであれですが、美意識高く

がんばっている人なら、その努力が白髪一本でチャラになる恐れが

あることをご忠告しておきます。

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL