職場に復帰して一年近く経ちましたが、去年の年末に状況が一転し

2人の派遣社員さんがテロのように同時退職するというオッパッピーな

事件が発生し、実質今2人分の仕事を時短勤務の身でこなさなければ

いけない状況です。

私一人が苦労してるわけではないのですが、17時には絶対に切り上げなきゃ

いけない、急に休まなければいけないこともある人間にはかなりの負担です。

しかも私の業務は締め切り物でして、依頼を受けて作業を進め、何日の

何時までに完成させなくちゃいけないという時間と勝負のものばかりなのです。

しかもありがたいというかなんというか、(社内では)「私しかできないこと」

だったりするので、1日でも休もうものなら大変なことになるんですよ。

本当、会社の重要案件が一人の2歳児の健康状態にかかっているというね、

綱渡り状態です。

 

そんなわけなんで毎日常にフルスピードで動いています。

産休前はすぐに手を付けなかった依頼書も、なんなら来たそばから片付けはじめます。

もしかしたら明日休むことになるかもしれないから、今ある命を精いっぱいですよ。

ママ向け雑誌によくある一日の時間割をまとめてみると、こんな感じです。

 

6:00〜6:30 起床 (ダンナに送りを頼んで早出するときは5:30起床)

 

6:30〜7:00 自分の身支度、お弁当やコーヒーの準備、朝食

 

7:00〜8:00 子供を起こしてごはんを食べさせ(主にパン)、身支度

 

8:00〜8:20 保育園での登園準備(月曜は布団のセットがあるのでさらに5分かかる)

 

9:20 出社

 

フル回転

 

14:00〜14:20 昼休憩

 

フル回転

 

17:00 退社

 

18:00 降園

 

18:20 帰宅

 

〜19:00 子供に夕食を食べさせつつ、と大人の夕食準備

 

19:00〜19:30 入浴と風呂上がりの諸々

 

19:30〜21:00 鉄道の番組を一緒に観たり、

         絵本やブロックで少し遊びつつ部屋の片づけ、洗濯、皿洗いなどここで家事を一気に

 

21:00 一緒に布団に入って就寝

 

22:00 起き出してダンナの夕食準備、明日の弁当づくり

 

22:30〜 フリータイム!!!!!!!!!

 

      フリータイム!!!!!!!!!

 

1:00 就寝

 

会社でフル回転してるときは目まぐるしすぎてよく覚えていません。

とにかくトイレにいく時間も惜しいので産休前は2回出してたおしっこを

1回で済ませている尿時短です。

注目していただきたいのは赤字で強調している昼の休憩なんですけど、

あまり早く12時くらいに出てしまうと家に着くまでにおなかがすいてしまうので、

遅めの14時ころにしています。

さらに本来私には45分の昼休みが与えられているんですが、席で仕事しながら食べるか

匂う弁当のときは休憩室にさっと行って10分程度で食べ終えて、5分で

歯磨きやトイレを済ませて20分以内で切り上げています。

そんなんで休めるの?と驚かれるのですが、結構そういうタイプの人はほかにもいて

激務なのにタバコ吸うだけで昼休憩を取らず、家に帰るまで休まないという男性もいます。

そんなタイプのことを「働き者なんだな、仕事第一なんだな」と思うなかれ。

 

実はそういうタイプの人間ほど、根は超めんどくさがりのだらしない人間である

可能性も高いのです。

私がそうだから。一度スイッチが切れてしまった自分のだらしなさをわかっているから。

どんなに再起動するのが大変か想像できるから。

だから朝起きてから子供を寝かしつけてしまうまで私は腰を据えて休むことはしません。

逆に「息抜き」と言って、仕事忙しいのに1時間くらい外でランチして帰ってくる人や

休みの日にはランニングだのテニスだのしてみたり、どっか出かけたりする人のことは

本当に尊敬します。

私なんて1時間も外でゆったりランチなんてしたらそのまま家帰っちゃうし、

休みの日は一歩も外に出たなくないです。

一言でいえば「切り替えができない」。性格的には仕事に向いてないタイプなんですよね。

 

ただね、真のだらしない人間から言わせてもらいますと、そんな1時間だのなんだのの

息抜きは本当の息抜きじゃありませんよ。

面倒なことがぜーんぶとりあえず今日のところは片付くまで、無理をしてでもがんばって

やっと休める状態が本当の息抜きです。

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL