いよいよ職場復帰が目前に迫ってきました。
もう逃げられません。
この時期は子供を長時間預けてる上に仕事にはまだ行かなくていいという
奇跡のようなスーパーフリー状態です。
お母さんたちは急に時間がぽっかりと空いてしまうので、ついつい
いつもより家事をしようかと思いがちですが(私は思いませんが)
復帰後の生活に近づけるためにはそれは間違いのようです。
この時間にこれからはもう家事はできないわけですから、子供を
預けている以外の時間で家事をするようにしなくてはなりません。
だから私は今も皿も洗わずパラパラを描いたり映画を観たりしています。

保育園生活に向けて、用意してよかったものをご紹介。
まず持ち物ですが、噂には聞いていたけどとにかく多いね。
うちの園はごく一般的とは思うのですが、
・着替え3セット
・おしぼり3枚
・食事用エプロン3枚
・お手拭きタオル1枚
・使用済みのオムツ
・連絡帳
を毎日持ち帰りします。さらに週末はシーツと布団カバーも
持って帰って洗います。
これらを入れる通園バッグ、手作りでも市販のでもよかったので
まさかのサマンサ・キングで旅行用のバッグを買いました。

これにネームタグを縫い付けました。
おじさんくさいけど軽くて丈夫だし雨でも濡れないしいっぱい入るし
チャック閉められるし最高です。
裁縫の上手な方に手作りのかわいいバッグも作っていただいたんですが
こちらは絶対に雨が降らなくて荷物の少ないとき(あまりないけど)に使わせていただきます。

毎日使う食事用のエプロンは、園の指定では「おりこうタオル」という
タオルにゴムを付けたものか、なければ市販の防水のでもいいよという
ことだったので、おりこうタオルをアカチャンホンポで買いましたけど

やっぱりタオルは食べ物がこびりついて洗濯がめんどくさいし
乾きも遅いので結局市販の防水スタイに切り替えました。
スキップホップのはいろんな柄があって生地がやわらかいので
かさ張らず、すぐ乾くのでいいです。
実際使ってくれているのは保育士さんなので使い勝手は
わかりませんが…


タオルとかエプロンとか、たくさん数がいるものの場合
シンプルを好む人はついつい同じ物で揃えたりしたくなると
思うんですけど、そこはもうシンプルは忘れて、えげつなく
全部違う柄にした方がいいですね。
どれが洗ったんだかわかんないし、こういうルーティーン作業って
メリハリがないと嫌になってくると思うんですよ。
子供に着せる洋服もなるべくいろんな色、デザイン、ちょっと
個性的な柄なんかにした方がいいような気がします。
これは他の子と区別させるためなんですが。
案の定無印のボーダーでかぶっちゃった子が何人かいました。
保育士さんが遠目から見ても「あれは誰々ちゃんだ」と認識できる
方がいいんじゃないかと思います。

毎日4〜5枚使うオムツ。家にいるときは4時間くらい空けちゃうのも
ざらなんですが、園ではこまめに替えてくれているようです。
0歳の頃はパンパースを使っていました。ポイントが貯まるからです。
オムツ替えっていう日々のルーティーンが、虚しくなりそうなとき
でもポイント貯まるし♪っていうのが小さな楽しみでした。
ですがある程度貯まってしまうと急にパンパースへの愛着が薄れ
安ければなんでもいいやって気持になりました。
そこで登場するのがトップバリューのオムツです。パンツタイプでも
なんと値段はパンパースの半分。品質も別に大丈夫そうです。

しかもイオンのネットスーパーに登録すれば2、3日で自宅に
届けてくれるから買いに行く手間もありません。最高です。


あと何といってもこうした日々の準備品に関してはモチベーション維持
作業の効率化、オーガナイズが重要ですね。
イケアの家具とバスケットを使って、種類ごとに細かすぎるくらい
分けてそれぞれ収納しました。


今はこの状態をキープできていますけど、実際働きはじめたら
崩壊は免れないかもしれないですけどね…














 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL