相変わらずよそ様のブログを見ながら生活しています。
第一子の育児ブログ界は、1歳を迎えるまではみんな
手をつないで同じ方向へ進んでいましたが、
専業主婦とワーキングマザー地点で道が分かれていきます。
専業主婦の方はそのままほっこり育児、ワーキングマザーコースは
半分くらいはブログストップ。その後は大概時短の鬼になり
時短のことしか考えないライフハックブログへと変貌を遂げるようです。

それでなくてもやはり1歳を越えると何か一つ終わった感があるのか、
育児ブログの半分がストップしてしまったので、最近流行りの
シンプルライフ系とかミニマリスト系のブログにも手を出しました。
すごいですね、ミニマリスト。
本当に無駄を嫌うミニマリストだったらまずブログなんてやらないと
思うんですけどね。皆さん記事がたまっていくのは苦にならないのか
マメに更新されていますね。
中には本当にガチのミニマリストの人もいるんですが、そういう人は
物がない分ネタもないので、結果なんちゃってミニマリストのブログの方が
人気が出るという現象が起きています。
最近ミニマリストを名乗りだした人って、無印のナニだ、野田琺瑯だと
結局普通の人よりよっぽど消費しているので、本来はミーハーなんだと
思います。

でもいろいろ見ていて感じるんですが、ブログの書き方って変わりましたね。
たぶんまとめサイトの影響だと思うんですけど、ただの一般人なのに
「○○にした5つの理由」とかタイトルつけて、フリーの素材画像を入れて
見出しをつけて最後には「いかがでしたでしょうか」で終わるような。
これってなんか流行りなの?
確かに読みやすいけど、こういうのはライターの人が書けばいいんじゃないですかね。
なんかシェアされたいとか出版を狙ってるとか下心があるんでしょうか。
それとももうこういうわかりやすい書き方しないと読んでもらえないと
思ってるんでしょうか。

また15年くらい前の話になりますけど、私が学生の頃はちょっとパソコンを
いじれる人はみんなちょっとした個人のブログをやってて、こんな本を読んだとか
空き巣に入られたとか実家に帰ってきたとかそんなことをつらつら書いてましたよ。
フェイスブックとも違うんですよね。もっと独り言に近いの。
見る方も別にコメントとかしないでね、こっそり読んでたものですよ。
見てみぬふりというか。
あれは物語だったんだと思うんです。他愛のない物語。
まさに徒然草。日々のよしなしごとをそこはかとなく書きつくってるだけで
別にまとまってもないし役にも立たなかったけど、それでよかった。
ああいう言葉たちはもう絶滅危惧種なのかしら。


私もかれこれブログ歴は16年くらいになりまして、いろいろ失敗もしましたし
(身バレとか)意識もずいぶん変わりましたけど、やっぱりブログはいつまでも
ウソかほんとかわからない個人的な物語であってほしいなと思っています。

 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL