第二回つくばメディアアートフェスティバルの搬入の為
つくばに行ってきました。

場所はかの有名なつくばのペデストリアン。
奥に見えるのはおなじみのつくばエキスポセンターの
ロケットです。
学生時代は何度となくチャリで通ったペデストリアンです。

筑波の芸術のお家芸である「メディアアート」を集めた
展覧会です。
チラシには

「メディアアート」とは、新しい科学技術を使って
生み出される芸術表現の総称。
メディアアート界において世界でもトップレベルの
作品を展示します。

と、書いてあります。
私は世界でもトップレベルのいつものパラパラマンガを
置いてきました。
ざっと見たところ、座ろうとすると逃げるイスとか、
動くたびに「シ」と「ソ」の音がするシーソーとか、
ハゲ頭に月面などの映像を投影したプロジェクションアタマッピングとか
そういう感じの作品が多いです。
つくばがいわゆる芸大・美大と違うところは、アイデアや技術は
レベルが高いのに、作品となるとこういうダジャレとか冗談とか
ちょいダサ路線にしてしまうところです。
かっこつけられないというか、オシャレぶれないというか。

透明で、流れる時間に雑音のないつくばの空気を感じていると
この街で、たとえば研究所とかで働いて、セキスイハウスみたいな
家を建てて、平穏な毎日を過ごす、そんな人生もアリだったなぁと
思いました。
学生時代は、こんな陸の孤島みたいなとこからは早く巣立っていきたいって
ずっと思ってたんですけどね。

開館時間:午前9時30分−午後5時 [入場は午後4時30分まで]
       ※11月28日[土]のみ午前10時開館
入 場 料 :無料
休 館 日 :月曜日(ただし祝日の場合は開館、翌日休館)


 


 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL