20代中頃から30代と間違われて困っていましたが、
実際30代になってみると、なるほど私の言動は30代のものだったなと
思います。最近ビジュアル面でも老いがひたひたと近づく気配を感じて、
化粧品等も変化がありましたのでご紹介します。

○化粧水問題
職場のヒーターが私の顔面にもろに当たる位置に設置してあり
熱いは顔が干からびるはでどうしょうもなくなってきたので
今まで手を伸ばさなかった「アンチエイジング」と書いてある
化粧水を使ってみることにしました。

琥珀肌(すごくしっとりタイプ)

パッケージにはアブない人の家みたいにびっしりと
何か書いてありますが山野愛子が開発したちゃんとした化粧水です。
しかも安いです。800円くらい。
安いわりにすごくいろいろな栄養が入っているようで
本物の美魔女・CHARAちゃんがイメージキャラクターを
しているところもいいです。

○かかと問題
20代後半からかかとにまで水分が行き渡らないようになり、
真冬はマサイマラの大地のようにひび割れていたのが
悩みでしたが、たまたまユースキンAと間違えて買った
メディカルクリームが救世主でした。

こっちねこっち。

こっちじゃないよ。
ユースキンの半分の値段で、ユースキンでもダメだった
マサイマラフットが蘇った!!
メーカーを見るとやっぱり近江兄弟。
近江兄弟は有名な商品とそっくりだけど安い商品を
出しているイメージがありますが(例:メンソレータムとメンターム)
優秀な「じゃない方」メーカーだと思いました。

○おばちゃんは口紅命問題
幅広い世代の女性にあるアンケートをした結果
「一箇所だけしかメイクできないとしたらどこにするか」
10代 眉毛
20代〜30代 目元
おばちゃん 口紅

街頭インタビューでもおばちゃんたちは口紅命!
口紅がないと外行かれへんわという回答でした。
確かに、若い頃は眉毛やまつげに必死で取り組んでいたかも
しれませんが、唇は自然のままでも全然オーケー。
おばちゃんが口紅してないと、見てはいけない姿を
見たような気がします。
私も20代の頃はマスカラジプシーでしたが、最近は
血色のよくなるチークとか、リップものばかり
いろいろ集めるようになりました。

左から資生堂パーフェクトルージュBE333
アディクション リップステイン シアードレス
レメルヴェイユーズラデュレ マットルージュ
セザンヌ リキッドルージュ

逆に今はマスカラは適当なの1本です。

別に参考にしたくないよって人ほど自分のお気に入りだの
購入したものを紹介してきたりしますね。
どうもすみません。
本当に素敵な人は美容法も「なんでも美味しく食べるだけ」とか
どこのバーゲンで服を買ってるかも教えてくれないものです。
 
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL